実績0のコンサル生がココナラで初月5万円を稼いだ方法とは?【最速で稼ぐ方法を解説】

こんにちは、赤星です。

ネットビジネスのコンサルを3年くらいしています。

先日ネットビジネスの実績・知識・経験がゼロのコンサル生に
ココナラで稼ぐ方法を伝えたところ、月5万円を稼いでくれました。

そのコンサル生のスペックは下記の通り。

コンサル生のスペック
  • ネットビジネスは初めての試み
  • パソコンを最後にちゃんと操作したのは4年前
  • タイピングがめっちゃ遅い(基本人差し指)
  • 文章を書くのは大の苦手
  • 言われた通りに作業をするのは得意

正直なところ、ネットビジネス実践者としてはかなり低スペックです(苦笑)

スタートラインこそかなり低いですが、
僕が作成したマニュアルをしっかりと読み込み、
分からないところを自分なりに調べて取り組んでくれました。

その結果、月5万円を達成してくれました。

今回は、そのコンサル生に配布していたマニュアルの一部を抜粋して、
(とはいえ、この情報だけでも稼げる)

「ネットビジネスど素人がココナラで月5万円を稼ぐ方法(しかも最速で)」

というテーマで書いていきたいと思います。

【なぜ?】実績・経験・知識0のコンサル生がココナラで稼げた理由とは?

そもそもの話ですが、
ネットビジネスど素人で、パソコン操作もままならない人が
なぜココナラで月5万円を稼ぐことができたのか?

言っちゃ失礼ですが、一般的に見たら、

「え、この人が稼いでんの?!」

みたいな反応をされるくらいに何もない方です。

ただ、そういう方が稼げたからこそ、
これまでにネットビジネスで成果を出せなかった方や、
これからネットビジネスをスタートされる方にとっては
大きな勇気づけになるのではないかなと…

では、ネットビジネスど素人の彼が稼げた理由ですが、
それは、

「ココナラというプラットフォームがビジネス初心者向けだった」
「初心者でも稼げるノウハウを提供していた」

の2点が挙げられます。

すごくシンプルな理由です。

1つずつ具体的な実践手順と共に解説していこうと思いますが、その前に…

そもそもココナラとはなんぞ?

ココナラを利用されたことがない方のために、
ココナラについて少し紹介しておきますね。

ココナラとは一言でいうと、

「購買意欲の高いユーザーが多く集まるプラットフォーム」

です。

以下のサイトになります。

ココナラは別の角度で例えると、
ショッピングモールのようなものです。

ショッピングモールにはいろんなお店が出店し、商品を販売していますよね。

ココナラには「お店」という括りはありませんが、
「個人が販売している商品」がたくさんあります。

また客層もショッピングモールと同じ…

以下の心理状況の方が多く訪れます。

「何か良いものがあれば、購入しよう。」
「何か欲しいものがあれば、購入しよう。」
「クーポンが発行されてお得だから、何か購入しよう。」

ココナラには、このようなユーザー(見込み客)が当たり前のようにいます。

このように購買意欲が高いユーザーが多くいるプラットフォーム(ココナラ)に
商品を出品することができれば、商品は自然と売れていくと思いませんか?

このような理由から初心者でも稼ぎやすいということです。

しかし、ショッピングモールの中に「売れないお店」があるのと同じで、
ここまでの話では、初心者でも稼げるかどうかはまだ分からないですよね?

そこで今回、コンサル生にも教えた
「ネットビジネス初心者でも稼ぐための戦略」を解説していきます。

すごくシンプルです。

では、その売れる戦略について
稼ぐための手順と共に、これから詳しく語っていこうと思います。

ココナラで月5万円を稼ぐための全体像とは?【たったの3ステップです。】

まず月5万円を稼ぐことを目標に、
「ココナラでは何をしたら良いのか?」を解説していきます。

全体像としては、以下の3ステップです。

ココナラで稼ぐ3ステップ
  • ステップ1:稼げるジャンルで売る商品を決める
  • ステップ2:商品ページを作成する
  • ステップ3:商品作成を開始する

    順番に解説していきますね。

    ココナラで稼ぐステップ1:
    稼げるジャンルで売る商品を決める

    突然ですが、質問です。

    ショッピングモールの中で”人だかり”ができていて、
    「売上が大きそうなお店」ってどんなお店でしょうか?

    立地や時期によるかもしれませんが、
    食料品店や家電量販店、雑貨屋さんなどが人混みのできやすいお店ですよね。

    一方で、家具屋さんや釣具屋さんなどは、人混みができることは稀です。

    もし上記が正しいと仮定した場合、
    あなたがショッピングモールでお店を出店するなら、
    きっと食料品店や家電量販店、雑貨屋さんを出して稼ごうとしますよね。

    ココナラでも同じです。

    「稼げるジャンルで商品を出品する」

    のが、例え「実績や経験、知識がなくても稼ぐためのコツ」です。

    稼げるジャンルにはライバルがいますが、
    今回の記事では「ライバルを出し抜いて稼ぐ方法」も併せて解説するので安心してください。

    では、ココナラで稼げるジャンルとは何でしょうか?

    ネットビジネス初心者にオススメの、
    ココナラで参入すべきジャンルの結論をいうと下記です。

    稼ぎやすいおすすめジャンル
    • お金を稼ぐ系
    • 恋愛系
    • 健康、ダイエット系

    他にも、デザインや占いなどのジャンルも稼げるのですが、
    それらは専門的な知識や経験が必要になりますので、ここでは割愛しました。

    本当に何の実績も経験も知識がない方は
    上記3つのジャンルのいずれかへ参入することをオススメします。

    なぜなら、これらのジャンルは、
    現時点で知識すらない状態でも商品を作ることができるからです。

    さらにいうと、「情報コンテンツ」として売れるので、
    一度作った商品を半永久的に販売していくことができます。

    ・そもそもジャンルとしての需要がある
    ・現時点で知識すらなくても参入ができる
    ・半永久的に販売していくことができる

    という点から上記のジャンルへ参入することをオススメするということです。

    まずはこれらのジャンルのどれに参入するのかを決めてくださいね。

    ・・参入するジャンルを決めた次は、

    どんな商品を扱えば稼ぐことができるか?

    について解説していきます。

    結論からいうと、
    以下のような「カテゴリ別売上ランキング」を見ていけばOKです。

    カテゴリ別売上ランキングは「週単位」で集計された結果が表示されています。

    それはつまり、

    「その時点でリアルタイムに売れている商品」

    であることを指していますよね。

    なので、それら売上ランキングの一覧から
    「上位にある商品」を真似ていけばOKです。

    ここで、商品を真似ていく時のポイントを解説しておきます。

    それは商品のタイトルや内容をそのまんま真似るのではなく、
    「商品のコンセプトを真似る」ということです。

    商品のコンセプトというのは、

    「その商品は、見込み客のどんな悩み(願望)を解決しようと(叶えようと)しているのか?」

    を指しています。

    例えば、僕は以下のような商品をココナラで販売しているのですが…
    →  初月35万円をツイッターで稼いだ方法を教えます

    この商品は、

    「ノウハウコレクターから卒業したいという悩みを持っている方に向けて、
    ツイッターで稼ぐ方法をステップバイステップでまとめたもの」

    になります。

    もしこの商品が上位ランキングに掲載されていたら、
    あなたはこの商品コンセプトをそのまま真似ていけば良いんです。

    例えば、

    「ノウハウコレクターから卒業したいという悩みを持っている方に向けて、
    フェイスブックで稼ぐ方法をステップバイステップでまとめたもの」

    というような感じですね。

    このようにして、

    『売れている商品のコンセプトを真似て、売る商品決める』

    ようにすると、必然的に「売れる可能性の高い商品」を作ることができます。

    ・・こう聞くと、

    「商品を作るための知識なんてありません!」

    という言葉が飛んできそうですが、冒頭でもお伝えした通り、
    現時点でのあなたの知識は、商品作成に関係ないんです。

    ではどうしたら良いのかというと、
    書籍やネット上の情報をまとめて作成したら良いんですね。

    こちらについては以下の記事で詳しく解説しているので参考にしてみてください。
    → 商品を作る手順2.書籍やネット上から情報を集める

    しかし、商品を作り出すのはちょっと待ってください。

    本来であれば、商品を販売開始する前に商品を作成するのですが、
    この記事では、「最速で稼ぐ」ことをテーマにしているため、
    ちょっと「常識はずれな方法(戦略)」を紹介していきます。

    それは、

    「商品は売れてから作るの徹底」

    です。

    これを「イグジット(出口)戦略」といいます。
    多くの企業で利用されているマーケティング手法です。

    イグジット(出口)戦略とは?

    イグジット戦略とは「売れて(出口)から商品を作る」ということです。

    多くの場合、「商品は作ってから売るものだ」と考えられていますが、
    「商品を作ったにも関わらず売れなかった」場合、
    「商品を作るのに使った時間・お金・労力」の全てが無駄になります。

    そのため、「売れる商品であることを確信してから」、
    商品の作成に取り掛かるという順序の方が損失を防げるということから
    「イグジット(出口)戦略」が生まれました。

    特にネットビジネス初心者などの場合は、
    いきなり売れる商品を作れるということも少ないはずであるため、
    基本的には、「売れたら商品を作る」という順序を踏む方が効率的に稼げます。

    イグジット(出口)戦略を使っていない人が「商品を作る手間」に時間を割いている間に、
    イグジット(出口)戦略を使う人は「売れる商品を確信した上で、商品を作成していく」ということです。

    どちらが「より早く、より確実に稼げる」のかは明確だと思います。

    そして、僕は「イグジット(出口)戦略」を利用することが
    ネットビジネス初心者が「最速」で稼ぐことができる方法だと伝えているということです。

    現時点で、どのジャンルに参入して、どんな商品を売っていくのかを決めたら、
    次は(商品を作成していくのではなく)商品の販売ページ作成に移ってください。

    ココナラで稼ぐステップ2:
    商品の販売ページを作成する

    ココナラで販売する際の「商品販売ページ」とは以下のようなページのことです。
    (参考)初月35万円をツイッターで稼いだ方法を教えます

    このようなページをご覧いただくと、その時点で、

    「え、こんなページ私には書けません…」

    と感じられる方が少なからずいらっしゃるのですが、問題ありません。

    その理由は2つあります。

    • 商品の魅力を伝えられる各項目には文字数制限がある。
    • それぞれどんな項目を書くと反応を取れるのかがほぼ決まっている。

    ということです。

    商品の魅力を伝えられる各項目には文字数制限がある。

    そもそもの話なのですが、
    あなたがココナラで商品の販売を開始した際、
    ココナラユーザーがあなたの商品の良し悪しを判断できる箇所は以下に限られています。

    • サービスタイトル
    • タイトル補足説明(キャッチコピー)
    • サービス内容

      ユーザーがこれらを読んだ上で、

      • サービス価格(商品の販売価格)

      を考慮し購入するか否かの判断をします。

      そのため、最初の3点をどのように作成していくのかによって
      ユーザーからの反応を取り、購入の決断をさせられるかが決まるということです。

      しかし、これらには文字数制限があるので、
      ブログやセールスレターのように

      「商品を売るために書きたいことを書けるだけ書く」

      ということができないんですね。

      ちなみに、それぞれの文字数制限は以下。

      • サービスタイトル(25文字以内)
      • タイトル補足説明(キャッチコピー)(30文字以内)
      • サービス内容(1000文字以内)

      このような文字数制限がある中で、ユーザーの興味を引く必要があるんです。

      では、どのような内容を書いていけば良いのかという話ですが…

      それぞれどんな項目を書くと反応を取れるのかがほぼ決まっている

      このような事実がありますので、難しく考える必要はありません。

      それぞれ、以下に紹介していきます。

      ココナラで「売れるサービスタイトル」を作る方法

      サービスタイトルは以下のことを指しています。

      このサービスタイトルは25文字までと決まっており、
      文末は「ます」という文字を必須で入れることがあることから
      23文字を自由に書いていくことができる部分です。

      この23文字の中に

      「見込み客の興味を引くことができる言葉・フレーズ」

      を入れていくことが、
      ココナラで売れるサービスタイトルを作るコツになります。

      では、どのような要素を入れたら良いかというと、

      サービスタイトルに入れるべき要素
      • 実績の大きさ
      • 期間
      • 手段

        の3つです。

        この3つの事例を以下へ載せておきます。

        • 「30日(期間)で10万円(実績)稼いだブログノウハウ(手段)を暴露します」(24文字)
        • 「2週間(期間)で10人の女性を口説いた(実績)秘密(手段)を公開します」(25文字)
        • 「100人以上を占った(実績)私があなたの運勢(手段)を占います」(23文字)

        などになります。

        テンプレートでお伝えしている、

        『期間×実績×手段』

        をもれなくタイトルに加えていけば、
        文字数が足りないくらいになると思います。

        ライバル商品などをリサーチするなどして
        できる限りキャッチーなタイトルをつけていくようにしてください。

        ココナラで「売れるタイトル補足説明(キャッチコピー)」を作る方法

        ココナラの「タイトル補足説明(キャッチコピー)」は、
        以下の画像の部分が該当します。

        ココナラの「タイトル補足説明(キャッチコピー)」に記載できる文字数は、
        『15文字以上〜30文字以内』と決まっており、その範囲内で作成する必要があります。

        では、その範囲内にどのような「要素」を含めていけば良いのか?

        それは、「限定性」や「希少性」です。

        補足
        • 限定性:締切や数量の上限などが決まっていること
        • 希少性:手に入れるのが難しいこと

          例えば、

          • 【限定50名様まで】人数に達し次第、即時販売を終了します(28文字)
          • 【6月末まで】購入者サポートは今月末までの購入者で終了します(30文字)
          • 【注意!】5つの条件をクリアした方以外購入しないでください。(30文字)

          という感じです。

          よく読んでいただくと「限定性」や「希少性」が含まれていることがお分かり頂けると思います。

          また、これらの要素が入るだけでも、
          商品そのものの「興味性」が増していることが伝わるのではないでしょうか。

          ぜひ参考にしてみてください。

          ココナラで売れるサービス内容を作る方法

          そして最後に、「サービス内容」の部分です。

          ここは1000文字の制限があるパートなのですが、
          文章を書くことに慣れていない方にとっては、
          この1000文字に対しておっくうな気持ちが出るかもしれません。

          しかし、安心してください。

          これも商品タイトルや補足説明(キャッチコピー)の部分で解説したくらいに
          ”入れるべき要素”を入れていくだけでほぼ完結します。

          つまり、入れるべき要素(言葉やフレーズ)は大半が決まっているので、
          あなたの頭で1から考える必要はないということです。

          では、どのような要素を入れていけば良いのかというと下記になります。

          販売ページに入れるべき要素
          1. 権威性や社会的証明の提示
          2. 限定性、緊急性
          3. 販売に至ったストーリー
          4. オススメの人
          5. 商品の概要
          6. 商品の特徴やベネフィット

          1つずつ解説していきます。

          (1)権威性のアピール

          まずは冒頭に権威性を示すことができる一文を入れるようにしてください。

          実績がある方は、その実績を記載していくと効果的です。

          もし実績がない場合には、有名人が使っているノウハウであるとか、
          社会的に証明されている有効なノウハウであることが伝えられるようなデータを示していくことで代替が可能となります。

          人は、権威のある人の話を聞こうとする”習性があります。

          例えば、白衣を着た医者などの話を、
          ほぼ思考停止で聞いてしまうのをイメージいただくと理解しやすいかと思います。

          人間は「権威のある人」や「科学的な根拠に基づいたデータ」に弱いんです。

          これを商品の説明文でも利用していきます。

          また、これは冒頭に入れておいた方が、
          訪問者の「読む姿勢」を意欲的にする効果があるため、
          一番冒頭で記載していくようにしてください。

          (2)限定性、緊急性

          次に限定性や緊急性です。

          これは、訪問者を「今すぐ購入(行動)するように促す」ための文言となります。

          ココナラは購入に前向きな人が多いため、購入をしてもらいやすい反面、
          いろんな商品を目にしていくことになるため、商品に興味を持ってもらえても、
          その場で購入してもらうのが難しい一面があります。

          よって、冒頭部分で、

          「◯件販売ごとに◯円の値上げをしていきます」

          などとといった形で、商品を今すぐ購入する決断をしてもらうための
          「限定性」や「緊急性」を促していくことが、その場で商品の購入を決断させるために効果的です。

          (3)販売に至ったストーリー

          次に記載していくのが、その商品の販売に至ったストーリーを語っていくことです。

          特に、まだ販売実績が伸びていない段階であれば、ココナラユーザーの多くは、

          「この人の商品を買って本当に大丈夫なのか?」

          といった不信感や懸念を抱きます。

          その不信感や懸念を払拭するためのテクニックが、
          その商品を販売するに至ったストーリーを語るということに当たるのです。

          ただ、ここで注意点があります。

          「その商品を販売するに至ったストーリーを語る」とはいえ、
          この記事を読まれている方の多くは、
          きっとこれから実績を作っていく段階だと思いますので、その販売理由としては、

          「お金を稼ぐため」

          という要素が強いと思います。(もちろん、全ての販売者がそうなのですが…)

          しかし、

          「俺はお金を稼ぐためにココナラに出品しているんだ。」

          とはいえませんよね。

          よって、ここで書いていくストーリーは、
          ”見込み客の信頼を得られるようなもの”にしていってください。

          例えば、

          このノウハウは多くの方にとって役立つものであるにも関わらず、
          ココナラではまだ出品されていませんでした。

          同じジャンルの商品やライバル商品を見ていると、
          それらよりも圧倒的に優れていると思い、
          今回、この商品をココナラで出品することにしました。

          という感じです。

          ポイントは、

          「自分のために商品を出品したのではなく、
          あくまでも、お客さんに役立つと思ったから…」

          という点になります。

          ここは、販売していく商品ごとに柔軟に変えていける部分になると思いますので、
          ぜひライバル商品をチェックしていきながら文言を考えてみてください。

          (4)オススメの人

          そして次に記載していく要素が「オススメの人」です。

          冒頭から、

          権威性や社会的証明によって訪問者の興味を引き、
          限定性や緊急性によって読む姿勢を高め、
          ストーリーによって信頼を積み上げていったところで、
          その読者の心理としては、

          「なんだか、この商品は面白そうだし、この販売者も信用できそうだ」

          と思っている段階です。

          そのタイミングで、以下一例ですが…

          この商品はこういう人にオススメです。
          ・ノウハウコレクターを卒業したい方
          ・ブログアフィリエイトのノウハウを知りたい方
          ・効率的に稼げるキーワード選定の方法を知りたい方
          ・長期的なアクセスをもらう記事の書き方を知りたい方

          といったように箇条書きで示していくと、
          そこに該当したような人たちは、
          より一層興味を増して商品に対して興味を抱いてくれるようになります。

          ですので、この箇条書きにあたる部分には、
          あなたの商品のコンセプトに合わせたターゲットを記載していくようにしてください。

          (5)商品の概要

          次に商品の概要です。

          訪問者は、商品タイトルに興味を示した上で商品ページに訪問してきているので、
          それに合わせた商品の概要を説明していくようにしてください。

          例えば、商品タイトルが

          「30日で10万円稼いだブログノウハウを暴露します」

          なのであれば、商品の概要は、

          「30日で10万円稼いだブログノウハウです」

          みたいなイメージです。

          ここではそこまで詳しく商品の説明をせず、
          その具体的な商品説明は次の項目で行なっていくようにしてください。

          (6)商品の特徴やベネフィット

          最後に、この商品の特徴やベネフィットを語っていくというものです。

          こちらは、セールスレターなどに書いてある
          「ブレッド」のようなものをイメージして書いていくと効果的です。

          ブレッドとは、以下のようなチェックリスト形式での説明がなされている部分のことをいいます。

          例えば、

          • ブログで稼ぐためのチェック表を限定公開
          • 稼げるキーワードを見つける秘密の手法を暴露
          • 10万円を稼ぐための記事テンプレートとは

          といった感じです。

          ポイントとしては、

          • 暴露
          • 秘密を公開
          • テンプレート
          • ステップバイステップ

          といったような読者の「興味を引ける単語やフレーズ」を利用していったり、
          「簡単に達成できそうなことをイメージさせる単語やフレーズ」を利用していくことです。

          これにより商品への興味度をより増していくことが可能になり、
          結果的に商品がどんどん売れていきます。

          ただ、やり過ぎは表現規制に引っかかりますので、
          注意をしつつ進めていくようにしてみてください。

          補足

          ココナラでは、商品の販売ページを公開後、
          運営側から表現の規制などによる注意がメールでくることがあります。

          コンサル生の中には、その注意メールが一度きただけで
          商品販売を諦めてしまう方が多かったのですが、それではもったいないです。

          ココナラからの注意メールは基本的に、

          「どの部分が、どういう理由でダメなのか」

          ということが記載されていますので、
          その該当箇所を改善していけば問題なく掲載できるようになります。

          僕自身、三度四度と注意メールを受けた末、
          商品ページを公開できるようになりました。

          ダメな部分を1つずつ改善していけばOKですので、
          注意メールがきても諦めることなく改善して公開してみてください。

          ここまで解説してきた6つの要素を入れたら、
          あとは文字数(1,000文字)一杯、こちらの箇条書きを書き進めて頂ければと思います。

           

          ・・以上、売れる商品説明文の6つの要素を解説させていただきました。

          ココナラで売れるかどうかは、ここまでの

          • 商品タイトル
          • 商品説明文
          • サービス内容

            で決まるといっても過言ではありませんので、
            1つ1つを丁寧に実践していって頂ければと思います。

            ココナラで稼ぐステップ3:
            商品が売れたら商品の中身を作る

            ココナラで稼ぐステップ2の時点で「売る準備」が整いましたね。

            あとは売れるのを待つ間に商品を作るだけです。

            補足

            ココナラの商品を設定していく際、
            以下の図のように「予想お届け日数」を設定していくことができます。

            まだ商品ができていない場合は、
            この部分を商品を作れるくらいの余裕を持って設定してください。

            この「予想お届け日数」を超えて商品を納品した場合、
            購入者からの評価(レビュー)で低い評価を貰う可能性があるからです。

            参考までにですが、僕のコンサル生は7日で設定していました。

            実績・経験・知識ゼロの人が商品を作る方法

            こちらの見出しに付けさせていただいた通り、
            「知識・経験・人脈・スキル0でも売れる商品を作る方法」があります。

            それは、「他人の商品(情報)を真似る方法」です。

            この記事の途中でも紹介しましたが、
            この手法で商品を作成していく方法は
            以下の記事でまとめていますので、そちらを参考にしてください。

            → 商品を作る手順2.書籍やネット上から情報を集める

            【まとめ】ココナラで月5万円を稼ぐ方法とは?

            最後にまとめて終わります。

            まず、パソコン操作もままならないネットビジネスの超ど素人が
            ココナラで月5万円を稼ぐことができた理由としては、

            「ココナラというプラットフォームがビジネス初心者向けだった」
            「初心者でも稼げるノウハウを提供していた」

            ということを挙げました。

            ココナラは、

            「購買意欲が高いお客さんが既にいるからこそ、売りやすいプラットフォームである」

            といえて、尚且つ、
            月5万円を具体的に稼いでいくための3ステップというものを紹介しました。

            ココナラで稼ぐ3ステップ
            • ステップ1:稼げるジャンルで売る商品を決める
            • ステップ2:商品ページを作成する
            • ステップ3:商品作成を開始する

              この中では、

              「商品は売ってから作ることの徹底(イグジット<出口>戦略)」

              の話であったり、
              販売していく商品ページの各項目に入れるべき要素の話であったり、
              実績・経験・知識0の人が商品を作る方法についても解説してきました。

              今回の記事をご覧いただきながら実践していただければ、
              月5万円を稼いでいくことは何ら問題なく達成していけると思います。

              ぜひ早速実践に移してみてくださいね。

              今回ような「初心者が稼いでいく方法」については、
              無料メルマガの方でもたくさん解説しているので良かったらぜひ登録しておいてください。

              → yuu&赤星の無料メールマガジンの登録はこちら

              それでは、最後までお読みいただきありがとうございました!